岩の上の羊飼い

アダンの超絶技巧キラキラ星、そしてシューベルトの岩の上の羊飼いの本番が終わりました。

a0224279_145565.jpg


こちらは羊飼いメンバー。sop.横瀬さん、cl.中舘さん、横瀬さんのお嬢様と。
アダンは非公開演奏だったので写真なしです。

シューベルトを演奏して満足して終わったことって皆無なのですが、この曲はなんとなくフワッと心地よく終われた気がします。シンプルな伴奏、やり場のない感情をどこへ到達させるか悩みましたが、あえてサラリとフィナーレの春を迎えてみました。もし再び弾く機会があればまったく違うアプローチになっているかもしれません。


意外とたくさんあるピアノ入りの室内声楽曲、ラヴェルやシェーンベルクなど弾いてみたい曲がいくつもありますが、果たして生きているうちに弾く機会があるのかどうか。ブラームスの「アルトのための2つの歌 」op.91。ヴィオラとアルト(メゾも可)という良い周波数の組み合わせで、個人的に好きで寝る前のおやすみミュージックとして流すこともあります。質の良い眠りに導いてくれるおすすめ曲なので、もしかすると今後弾く機会があるかもしれません。


気軽にクラシックを、という風潮にまんまと乗せられ普段いろいろな曲をいろいろな編成にアレンジして気軽に弾いているわけですが、やはり私自身が編曲しても安っぽく、大芸術家自身が書いた芸術歌曲には到底及ばない、ということを改めて考える良い機会となりました。


さて、次は6/16ソロライブ(池袋)。ご予約お待ちしております。
ラテンものが増える予感、、、早弾きのティコティコなど、楽しみにしていてください。

a0224279_1502070.png

by minori557 | 2015-06-08 21:01 | concert report