PV小笠原クルーズ

ぱしふぃっくびいなす小笠原クルーズ
たくさんの思い出とともに下船しました。

a0224279_6305666.jpg


念願の東洋のガラパゴス
崖を走る野ヤギ、島レモンをつつくメグロ
シュノーケルで潜った海底まで筒抜けのスーパークリスタルな海には
とんでもない種類の海の生物たちが生きていて、
カヤックで出た海ではトビウオの群れに歓迎されました。

a0224279_620821.jpg


そこでは、多種多様ないのちが絶妙なバランスで命をつないでいました。
それはまるで、私たちリリアンのような絶妙なバランスでした(笑)

a0224279_6205140.jpg


最初はなにもなかった島。
鳥が運んできた種から新しい命が芽吹き
育った植物を動物や鳥や虫たちが食べる。
枯れ葉は土の中の微生物によって分解されて植物の養分として土に還る。

a0224279_6314666.jpg


それぞれの役割を果たしながら生きていて
それはちょっとでもバランスを崩すと壊れてしまう。

小笠原の生態系を知れば知るほど、
それは動物的な3人の集まったトリオ・リリアンのバランスとよく似ていました(しつこいけど何度でも言う笑)

a0224279_6244871.jpg


バスで小港海岸までご一緒したお客様が、
ピアノサロンでのミニコンサートでリリアンを描いてくださいました!

a0224279_6344368.jpg


結成5年のリリアン、今回のクルーズでやっと方向性が見えてきました。
個性的な室内楽ユニットを目指して悩みに悩んだメインショーの内容は、また次回★

a0224279_632548.jpg

by minori557 | 2015-09-06 06:54 | cruise