<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

work in progress..

明日から4月!
取り立てて大きな本番のない1ヶ月ではありますが、水面下のプロジェクトがいくつも進行中で
会議したりスタジオ籠ったり、譜面書いたり練習したり、オペラもあるし...etc 
いろいろと忙しい毎日になりそうです。


a0224279_16582686.jpg


4/13(土)長野 @湯元ホテル阿智川ロビーコンサート
春の夜にぴったりなドロシーの澄んだ歌声、楽しみですね!
誰も寝てはならぬ(ソプラノバージョン)から今が旬のレミゼまでやります。
満開の桜の時期に当たるといいなー


a0224279_17214336.jpg


4/19(金)南柏 @ビストロ・アッシュエー
久しぶりのアンサンブル・リリアンは南柏でディナーコンサートです。
ご予約受付中ですので、お近くの方は是非!


a0224279_1732814.jpg


そして、阿智川さんが続きますが、GWも恒例のスペシャルコンサートに出演します。
今年は6人編成、大迫力のオペラや楽しいオペレッタを阿智川円形劇場でお楽しみください。
人数が増えれば増えるほどアレンジ&演出の仕込みでてんやわんやの状態ですが
感動のステージをお届けできるよう、バンマスとして(笑)がんばります。
トリオは初めましてなメンバーで、そちらも楽しみです。



**************

おまけ。

大好きな人にやっと会えました♡

a0224279_17444274.jpg

by minori557 | 2013-03-31 17:50 | concert info

REC

a0224279_12161171.jpg


ソロCDのレコーディングしてきました。
音だけだと思って思いっきりTシャツ+ジーパン+スニーカーのレコーディング仕様で強い日差しの中気分転換にスキーしていたら「映像も撮ります」と言われて慌てふためきました(汗)

特典DVDがついて2枚組になるそうです。
特典用にテノール歌手のゲストを迎え、ピアノの不朽の名曲を歌っていただきました。

a0224279_12112088.jpg


a0224279_12252160.jpg


大人気のあの曲です。
仕上がりをお楽しみにー!


音録りの日はホールにこんなお客様。

a0224279_12223591.jpg


自然ばんざい!

a0224279_12441218.jpg



東京に戻ったその足で、クルーズスタッフやエンターさん総勢でお花見@井の頭公園。
ただいま満開です。

a0224279_1247345.jpg


冬と春を、行ったり来たりしてます。
by minori557 | 2013-03-26 12:50 | travel

今月のビストロ演奏は

今月のhE演奏日は28日(木)です。
19時半から3ステージ。どうぞよろしくお願いします。

a0224279_1544524.jpg


a0224279_15452741.jpg


こちらの鶏もものコンフィ美味しかったのでオススメです。


4月19日(金)アンサンブル・リリアンのライブは19時半から2ステージになります。
フレンチコースとワイン飲み放題で6000円、乾杯用のビールもつくそうです。
これはすごい。生演奏がなくてもこの料金は安ーい!
限定14席のミニライヴです。ご予約はお早めにどうぞ。



brasserie hE アッシュ・エー
柏市南柏1-5-10 浅海ビル2F
04-7199-3239
営業時間 18:00~28:00



a0224279_1251060.jpg


震災から2年。
崩壊と喪失は、当時ワーカホリックだった自分にとっても大きな事件でした。
空白の時間は、次の始まりに繋がる。
by minori557 | 2013-03-12 16:04 | concert info

a0224279_1155441.jpg


皇帝の本番直前に切った弦をやっと張ってもらい、ついで調律も。
楽器をすっきりさせて挑んだ一週間、あっという間に過ぎ去りました。
振り返るとヴェルディ弾いてる記憶しかない。

そして、NYからロシア人バリトン歌手が来てロシア関係のレセプションでオテッロのイアーゴのクレドと清教徒、etc。地の底から沸き上がるようなバリトンにハッと覚醒する嬉しい瞬間がたびたびあって、非公開ながら素晴らしい本番を体験できました。イアーゴの悪魔の宿る笑い声に痺れました。レッスンでは椿姫のヴィオレッタのアリアを隅から隅まで弾き、たまに重唱やジェルモンのアリアも弾き、トロヴァトーレにいきーの、超難しいアンドレア・シェニエと格闘しーの、リゴレットを弾き、全く知らない初期オペラ・群盗を弾き、本番では仮面舞踏会。うわあ、、書き出してみると2、3曲除いて本当にヴェルディばっかり。コレペティじゃないのにね。

a0224279_13205193.jpg


そして、うまくスケジュールが空いたので新国でアイーダの公開GPを見せてもらいました。
念願の豪華絢爛で完璧なスペクタクルで有名なフランコ・ゼッフィレッリ演出。
衣装も今まで観てきたアイーダとは別格。目の前に本物と見間違うほど精巧なエジプトの王宮が拡がってキャストやオケのモチベーションもリハと思えぬほど上がっているのが伝わる。馬までステージを疾走する凱旋のシーンは涙でました。。これは本当に、死ぬまでに観ることができて良かった。
そしてアイーダ役のラトニア・ムーアの圧倒的な声が劇場を突き抜ける。
声量だけじゃない。弱い音でも美しく立体的な色彩感。
ラダメス役が本調子でなかったこともあって圧倒的な存在感を放っていました。


華麗にヴェルディウィーク終焉したところで、月末のソロCDのレコーディングに向けて新しい一週間、気持ち切り替えていきたいと思います。



【番外編】タイトルにも書いたわりにどーでもいい話で恐縮ですが、最近、劇団四季のリトルマーメイドの開幕が楽しみすぎてyoutubeで色々みてたらロシア語バージョンのリトルマーメイドを発見。まずはお聴きください。アリエルよりもセバスチャンのunder the seaに注目してください。



どうですか?私にはどうしても♪under the seaが♪not to be gayに聞こえるのですがー(笑)
かなり繰り返されるし(題名だしね)大サビでahhhhhhh!not to be gay!ときて笑い転げてしまいました。ちょうどロシア人が身近にいたので彼に聞いてみたところ無表情で「そんなこと全然言ってないし」とつれなく切り返されて終わりでしたー(T_T)笑 


そんなわけで(どんなわけで?)ごきげんよう!
by minori557 | 2013-03-10 20:24 | art

a0224279_12265486.jpg


足立区の加賀中学校にてソプラノ吉田真澄さんと「芸術鑑賞教室」。
写真は木工室ですが公演は体育館でした。
春一番が吹き荒れていて校内は砂埃が舞って廊下が砂だらけになったり開けっ放していたドアのガラスが割れたりしてカオス状態に。生徒もだんだん変なテンションになるのでは、、、と心配しましたが、とても大人しい生徒さんたちで、1時間半のコンサートでしたが最後まで熱心に聴いてくれました。

ピアノでもモーツアルトとガーシュインを弾いてピアノの歴史と音域の話を少ししましたが、魔笛の「夜の女王」では声の音域の話になってとても盛りあがりました^^ 
なかなかあんな曲中学校で聴けませんよね。楽しんでくれたでしょうか。

a0224279_12402630.jpg


この日生まれて初めて舎人ライナーに乗りました。

a0224279_1259228.jpg


鉄子ではないですが、記念に(笑)


a0224279_12163749.png


そして自分の終演後、三谷さんの「ホロヴィッツとの対話」をやっと!!観てきました。
渡辺謙さんの12年ぶりの舞台はホロヴィッツの専属調律師フランツ・モアの役。
その妻のエリザベス役に和久井映見さん、そしてマエストロ役には段田安則さん、その妻のワンダ(トスカニーニの令嬢)に高泉淳子さん。

段田さん&高泉さんの芝居に驚愕。もはやホロヴィッツ夫妻にしか見えないです。
このお二人、本当に本当に凄すぎでした。。。
そして、モア夫妻の資料の数はマエストロと比べたら相当少ないはずなので、そんな中で役をつくりあげた渡辺謙さんと和久井映見さんは、おそらくさらにすごいはず。

しかし、たったこれだけの人しか出てこないでなぜこんなに2時間も大爆笑していられるのか。三谷マジックって不思議すぎる。それほど音楽の話には踏み込んでいないので(特に調律のうんちく話は一切ナシ)ホロヴィッツを知らない一般の方でも楽しめます^^


東京公演はパルコ劇場にて3月10日(日)まで。
当日券の出ている日もまだあるようなのでチェックしてみてください。


余談ですが、本番でいただいた花束を預ける時間がなくて小脇に抱えて劇場入りしたら「持ち込み禁止なんです」と受付で怒られました。服も髪型も直さないまま駆けつけたし、怪しい追っかけの人みたいで恥ずかしかったです(笑)
by minori557 | 2013-03-02 13:10 | concert report