<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

麻央さんの最後のブログが更新された日
コクーンで五右衛門外伝を観劇していました。

花咲か爺さんの時から通っているABKAIですが
いままでとちょっと違った「絶景かな」を連発する kabuki show寄りの舞台
胸のざわめきが止まらず、本当に良くない状況だということに気付きました。

そして2日後の悲しいニュース。
本当に悲しくて何も手がつかず、食欲を失い
ちょうど家のピアノの調律中だったのですが、
調律したてのピアノに触れても耳鳴りがしていて何の音も聞こえてこず
その後の会見の中継を見てひとりで泣きました。。。

もともと歌舞伎ファンだったこともあるけれど
闘病の応援をしたくて海老蔵さんの舞台をさらにたくさん観に行くように。

ステージに立つ者の応援は、ステージに足を運ぶこと。
絶対にこれがいちばん嬉しいことだと思うからです。


偶然とれていた七月大歌舞伎は初日でした。

a0224279_1711177.jpg



とても苦しい観劇になりそうですが、しっかり見届けたいとおもいます。
by minori557 | 2017-06-27 17:16 | etc

宮城

a0224279_11415041.jpg


恒例の父の日コンサートで宮城へ。
今年も心温まるステキなコンサートでございました。
この日、四季島で山梨往復からの仙台入りでヘトヘトになるかと思われましたが
ジム通いと、楽譜デジタル化による荷物の軽量化で体力がついてきてるらしく
恐ろしいほど元気な1日でした。

a0224279_11183169.jpg


a0224279_11184238.jpg


iPad。
暗い場所にも対応するし、時間も表示されるので
思った以上にいろんな現場で大活躍してくれています。


時系列めちゃくちゃですが
ここ最近の記録を。(ほぼ食)

a0224279_1123155.jpg

宇都宮で餃子

a0224279_11235670.jpg

松島で浜焼

a0224279_11242678.jpg

塩山でほうとう

a0224279_11245819.jpg

四季島フィーバーにあやかり、サービスでババロアが!

a0224279_1128631.jpg

仙台で牛タン

a0224279_11283280.jpg

お店を変えてテールスープ

a0224279_11322555.jpg

石巻で魚介!

a0224279_11303388.jpg

山梨でポークサンド

a0224279_1136073.jpg

千住Daiba屋さん、オープン祝いでまた食べる!

a0224279_11395064.jpg

そして別の日のイタリアン

a0224279_11485855.jpg

メイン。お皿がかわいい!

a0224279_1138516.jpg

さてーーー、しばらく東京。
月末までの予定がいろいろ飛んだので、連日走りたいと思います!!!
by minori557 | 2017-06-21 12:02 | travel

夢の舞と響

a0224279_1139576.jpg


もりや夢の舞と響
前週に引き続きマリンバ藤本亮平さんと。

a0224279_10462679.jpg


このホールの裏口を出たところ、お気に入りの場所です。
風にそよぐ木々の音と鳥の声に耳を傾けると
楽器は楽器になるずっとずっと昔から音楽を知りつくしていたという
当たり前のことに気づきます。

それはこの世でいちばん美しい音楽
そういう音に耳を傾けて、感じて、楽器を扱っていかないといけませんね。

a0224279_10323782.jpg

終演後出演された皆さんと。


次回守谷では真夏の風物詩となっております「夕べのコンサート」に
今年も出演させていただきます。
メンバーがたくさんの楽器を扱える人たちなので
私も負けじといろんな楽器を持ち込んで挑みたいとおもいます。
ぜひお越しください。


8/26(土)
夕べのコンサート
@守谷市役所中庭特設ステージ
18:00開演(アマチュア団体演奏あとのプロステージに出演します)
※入場無料

【出演】
sax 種村修太
marimba&perc 藤本亮平
pf 増田みのり

by minori557 | 2017-06-06 11:40 | concert report

4sax + pf

a0224279_12583341.jpg


丸の内シャングリラでサックス四重奏と共演。

a0224279_1301636.jpg


QUARTET MOSTのみなさん

宮川彬良さんアレンジの「我が愛しのロイド・ウェバー」という曲。
はじめてニューヨークに渡りブロードウェイミュージカルを観て
ミュージカル嫌いを克服したきっかけになったのが
アンドリューロイドウェバー作曲のキャッツとオペラ座の怪人でした。
その時の衝撃と揺さぶられた感情がぐわーっとフラッシュバック。

個人的にはじめての編成でいろいろ探りつつ。
直前の集中リハーサルからの本番だったので
ようやく4人の音を聴き分ける余裕がでてきたところであっという間に本番終了。
また演奏できる機会を楽しみに・・・


a0224279_1336497.jpg


ジャズボーカルの女王Dianne Reeves
東京ブルーノート最終日行ってきました。
最高すぎて言葉もありません。。。
早くも次の来日が楽しみです。
by minori557 | 2017-06-02 13:57 | concert report