Bosendorfer

a0224279_11104660.jpg

先日、2日連続でウィーンの名器・ベーゼンドルファーのインペリアルに触れる貴重な機会が。

この楽器の辿ってきた輝かしい時代と過酷な歴史。
高貴で控えめな煌びやかさ...これがウィーンの音でしたね。
ピアノソロでじっくりと向き合い、色々な想いに震えた2日間でした。

a0224279_11133937.jpg

もう20年近く、自分と同年代のスタインウェイを選び、弾いてきました。
ずっと一緒に暮らしていくパートナーであることはこの先も変わらないでしょう。

自分の弾き慣れた楽器を運べないことがストレスになることも、時にはあります。
でも、音が鳴った瞬間にひろがる新鮮な感情もまた、やみつきなのですよね。

a0224279_11134610.jpg

a0224279_11134915.jpg

B-tech東京ショールームに展示されていた建築家ハンスホラインモデル。
上屋根の開閉は低音部にあるボタン一つで。(つっかえ棒がありません)



この日、実はあの雪の日だったのですが、、、
早くも桜が満開になりました。

今週末のプレ魔女コンサートも桜満開です。

a0224279_11513259.jpeg

13:00からと16:00からの2回公演になります。
この時期しか聴くことのできないプログラムをお楽しみください。
残席お問い合わせのうえご来場ください。


by minori557 | 2018-03-26 12:01 | concert report