フェス!

横浜赤レンガ倉庫で開催されたクラシックの祭典 STAND UP! CLASSIC FESTIVAL'18 (通称スタクラフェス)1966カルテットでサンデーブランチクラシックステージに出演しました。



a0224279_10101235.jpg


潮風、汽笛、海。夕焼けが消えるとまん丸なお月様。すべてが完璧に揃った最高の1日となりました。大好きが詰まった横浜で30分間めいっぱい密度の高いプログラム。


a0224279_10153956.jpeg

a0224279_10160479.jpg


ステージに上がるとき、隣のステージからはこうもりの「シャンパンの歌」やレミゼの「民衆の歌」が聴こえ、終演後はサン=サーンスのロンカプやTime to say Goodbyeが夜空に伸びていく最高の瞬間を味わうことができました。生の音楽って本当にいいですね。潮風を感じながらいい気分で帰宅。


a0224279_10173489.jpg


今年は悪天候が続いたことで、個人的にはじめての野外本番となったのでした。欧米で野外コンサートやオペラを観て過ごしてきた夏を振り返りながらいろんな想いがこみ上げてきて、夕暮れ時のヘイジュードでは涙が出そうになりました。



芸術の秋真っ只中、今週末は仙台クラシックフェスティバル(せんくら)に出演いたします。昨日、リハーサルに向かう途中に通りすがったデパートでふとこの服が視界に入ってきて衝動買いしたところです。。笑


a0224279_10191840.jpg


1966カルテットのUKロックのレパートリーにもなっているオアシスの名曲Don't look back in anger。昨年起こったマンチェスターの自爆テロ事件以降イギリス全土でアンセムとして大合唱されていますね。コールドプレイのクリスがアリアナの目の前で励ますように歌う姿が印象的でした。


29日と30日、仙台でみなさまにお会いできることを楽しみにしております!



by minori557 | 2018-09-26 10:56 | concert report