カテゴリ:art( 17 )

7月が終わる!


なかなか観劇の時間が取れないなか、厳選して、見逃してはならないと感じたものに足を運んでおります。劇団四季のノートルダムの鐘、名古屋でリトルマーメイド、シルクドゥソレイユのキュリオス、7月大歌舞伎初日、そして二期会オペラ「魔弾の射手」。

a0224279_11464533.jpg

四季は、いかなる時でも素晴らしい歌唱に満足して帰ることができるのと、「ノートルダムの鐘」がとてつもなく好きな作品なので頻繁に行きます。浅利さんの訃報で今後劇団の変化にも注目ですが、「一音外すものは去れ!」のクオリティは保っていただきたい。今回は仮設の四季劇場ではなく神奈川芸術劇場という最高音響なので、オープニングのクワイヤでゾワゾワと鳥肌が、、本気でオススメです。なによりも、いちばんの魅力はアラン・メンケンの音楽ですよね。神です。こんなにひとつのモチーフを自由に羽ばたかせることができる作曲家をほかに知りません。


a0224279_11423225.jpg


そして、ずっと歌舞伎座上演を待っていた海老蔵さんの源氏物語を、7月大歌舞伎でついに。歌舞伎と能とバロック音楽が調和して共存しているなかでプロジェクションマッピングが効果的に使われ、バランス絶妙。そこにあの勸玄白狐から1年、役者として成長した勸玄くんの登場。可愛すぎる、、反則(笑)。そしてバロック歌いのお2人の素晴らしいこと!生声に拘っている場合ではない時代が確実にきている。音響を味方につけられるよう、頭で考えながら様々な歌い分けを試し、その場に合った発声方法をあみ出す、、、現代を生きる芸術家=ステージ人としていちばん悩み抜くべきところをしっかり考えて挑む姿が印象的でした。逆に、前作トーテムではプロジェクションマッピングを駆使していたシルクドゥソレイユは、キュリオスでは人間の限界にまず注目させようという、原点回帰の印象でした。うーむ、エンターテイメントとして常に先取りするのがシルク。時代は回る。


a0224279_11385239.jpg


そして先週の二期会「魔弾の射手」では、大和悠河さんのオペラデビューに立ち会わせていただき、ザミエルのアンドロギュノスな魅力にズギュンとハートを撃ち抜かれ、気づけば最後までザミエルだけを目で追ってしまい、それはもう、演出のコンヴィチュニー氏の奇抜な思考をも破壊するほどのオーラと輝きで完全にノックアウトされました。読響も歌手陣もすばらしかったのですが、この何もかもを破壊するパワーがタカラヅカトップに君臨するということなのだなと。演出に関しては、観劇から1週間経っても、アフタートークに参加しても脳内カオス状態は変わらないので、これはもう悠河さまご本人にお会いした時に聞くしかないです、笑

コンヴィチュニー氏のアフタートークでの、「テレビなどの俗物の登場でオペラを取り巻く環境は年々厳しく、100年後にオペラという芸術が廃れる日が来るとしても、その日まで自信を持って生きていきたい」という言葉も印象的でした。難しい問題ですが、常にアタマを柔らかくして自分の信じた道を進もうと、明日への活力をもらった観劇体験でした。さて次は何を観ようかな??



by minori557 | 2018-07-25 11:52 | art

六本木歌舞伎

a0224279_1244059.jpg


六本木歌舞伎初日は團十郎様の命日。
宇宙での飛び六法、荒事、暫。
このタイミングは偶然だったようですが
この日立ち会えて本当に良かった!

皆さん初日の緊張感の中で
すばらしくカブいておりました。

あとで海老蔵さん、衣装重そうだなーと思ってブログを読んだら総重量60kgだとか!
(暫は全部着けると80kgと聞いたことが。あり得ない!)
2人のお子さんに両足に乗られてもそんな重量にならないでしょう、、、
やっぱり宇宙人疑惑です笑

古典新作問わず歌舞伎が日常な私には期待ほどの新しさはありませんでしたが、
歌舞伎ビギナーにはぴったりな作品なので、歌舞伎に興味のある方はぜひ観てください。

Today's Shido 今日の獅童さん

Ebizo Ichikawa 市川海老蔵 THさん(@ebizo13)が投稿した写真 -




このシーン笑っちゃいます。。。



お隣の六本木ヒルズではムーミンフェスティバル。
ちょうど買う予定だった魔法瓶(死語?w)、デザインが良かったので即買い!

a0224279_12413662.jpg


題目は、フローレンのファッションショーです♡
by minori557 | 2015-02-05 12:49 | art

空ヲ刻ム者

歌舞伎座は俳優祭という名のファン感謝デー。
私は澤鷹屋の応援で新橋演舞場へ。

名の知れない仏師の物語という、スーパー歌舞伎にしては地味な題材をどのように「スーパー」に仕立てるのか気になっていましたが、宙乗りからの怪我人が出そうなほど激しい畳みかけのシーンは圧倒的でした。そして右近さん、安定の魅力!

俳優祭ということで、演舞場も幕間に隈取や役者の直筆絵画などのチャリティー販売があり、気に入った絵が何点かあったので申し込むも、抽選で外れ(T_T)
でも猿之助さんに握手してもらえて満足です。

a0224279_126217.jpg


ところで。観劇前に入ったフレッシュネスでマドラーには猛犬注意と…
あはは、猿之助さんにピッタリ!

SWITCHインタビューで萬斎さんとの対談で言い放っていたお言葉。

「歌舞伎の未来なんて知ったこっちゃない」

これ、すごくよくわかるなあと共感してすぐに今日の公演のチケットを取りました。

「震災を体験して未来を語るのは不遜のような気がした。将来歌舞伎はこうなりたいというのは、世の中があってという当たり前の前提で語っているようにね。あれを体験した時にいやそうじゃないんだと。もしかしたら明日失う命かもしれないからとりあえず今のお客様にどうやって喜んで頂くか。そしてあとは勝手に考えるだろうって。後継者たちが。そういう姿を見てくれていれば。そこで滅びれば歌舞伎はそれだけの力しかなかったと。だから先輩から譲り受けたのを次世代に受け渡す事は最低限と責任はある。預かった荷物を渡す。それ以上は知らない」



空ヲ刻ム者
今ヲ生キル
by minori557 | 2014-03-28 01:43 | art

ファンの方にご招待いただきエル・システマ・フェスティバルを聴いてきました。
新しくなった東京芸術劇場。5年前のシモン・ボリバルに引き続き。

大ホールなのにステージはギチギチ
オーケストラの人数を数えてみました。

Strings, 30-28-20-24-15
Fl.7
Ob.6
Cl.7
Fg.6
Hr.8
Tp.6
Tb.6
Tub.2
Timp.1

1st Vnの後ろで2nd弾いている子がいたり、ステージはちょっとしたカオス状態。
そして金管がものすごくうまくてシカゴ響のような音を出します。

世界中で注目の集まるベネズエラの音楽教育「エル・システマ
これだけの人数が全力で音楽を楽しんでいる姿にあらためて感動しました。
ご一緒した方がピアニストの指を見たい派でしたので
前から3列目という自分では絶対に選ばない席で臨場感を味わいながら。
(ピアノ協奏曲は萩原麻未さんのグリーグ)

アンコールにサムデリのバッカナール、ティコティコにWSSからマンボ。
最後には皆でベネズエラ国旗のジャンパーを客席に投げる。
ロックコンサートのような盛り上がりを見せて終演。

次の日、みなとみらいホールでコンクール本選の伴奏があり、
前夜の大音量でホール入りする直前まで耳鳴りが止まらず焦ったけれど
弾く時間までになんとかリセット、こちらも楽しく弾き終えました。


ところで、毎日のように遊びにやってくるこのお方。

a0224279_1722560.jpg


そこで落ち着かないでください。

a0224279_17222973.jpg


どかすと譜面台の前で香箱を組んで全力で営業妨害。
練習させてくれ。


ネコのいる風景、久しぶりで懐かしい。

a0224279_1737797.jpg


昔飼ってた問題児。
この人も、シェルターから引き取ってきたとは思えない豪快な性格でした。


ああ動物と暮らしたいです。。。
by minori557 | 2013-10-14 00:41 | art

METジュリアス・シーザー

a0224279_865115.jpg


METライヴビューイング「ジュリアス・シーザー」観てきました。
アリア全曲がヒット曲という、ヘンデルの長大なオペラ。

楽しい演出と、インド映画を観ているような楽しいボリウッドダンスと
ヴァイオリニストとカウンターテナーの茶目っ気たっぷりのオンステージ即興に
ナタリー・デセイ演じるクレオパトラの8回ある衣装チェンジ。
長くても最高に楽しめる舞台でした。



娯楽があまりなかった時代、明らかに現代とは違う時間の流れを感じたけれど
その一方で、人々はどんな時代でも代わり映えのしない現実生活からの離脱を求めてたのね。



バロックと言えばカウンターテナーの存在。
ジュリアス・シーザーはカウンターテナーとメゾソプラノが大勢出てきて
ひたすら同じ音域で捲し立てるので正直頭がおかしくなるのではと思ったけど
1幕終わりにコルネリア&セスト親子の素晴らしすぎる二重唱があって
メゾ同士の(しかも似た声質の)重唱の素晴らしさに思わず息をのみました!


デセイの踊りも良かったけれど、周囲のバロック・プロフェッショナルたちの存在が凄すぎでした。
トロメーオ役のクリストフ・デュモーの存在感とずば抜け感。最高にうまい!!
歌姫デセイにはバロックリズムが身体に染込んでいるわけではないので、ご自身も周囲にだいぶ助けられていることをよく理解しており、この数ヶ月毎日ヨガに通っているという話からも「このクレオパトラ役をなんとしてでも自分のものにしてみせる!」という強い意思が舞台に滲み出ていました。


幕間のインタビュではインタビュアーのルネ・フレミングが
「素晴らしいわ!興奮のあまり歌っちゃう!」
かわいい(笑)その気持ち、すごーくわかる。


ライヴビューイング、良いですねえ。
なんと言ってもメトロポリタン歌劇場の公演が近くで観られる喜び。

これは来期から通い詰めそうな予感です。




p.s.
ちなみにライヴビューイングでは観られませんが、公演期間中デセイが体調を崩して降板した日があり、代打出演したクレオパトラのカヴァーのダニエル・ドゥ・ニースさんが可愛すぎ!目でか!スタイル良過ぎ!クレオパトラはまりすぎ!個人的にはその公演もみてみかったです。

a0224279_872262.jpg

by minori557 | 2013-05-21 01:03 | art

a0224279_1155441.jpg


皇帝の本番直前に切った弦をやっと張ってもらい、ついで調律も。
楽器をすっきりさせて挑んだ一週間、あっという間に過ぎ去りました。
振り返るとヴェルディ弾いてる記憶しかない。

そして、NYからロシア人バリトン歌手が来てロシア関係のレセプションでオテッロのイアーゴのクレドと清教徒、etc。地の底から沸き上がるようなバリトンにハッと覚醒する嬉しい瞬間がたびたびあって、非公開ながら素晴らしい本番を体験できました。イアーゴの悪魔の宿る笑い声に痺れました。レッスンでは椿姫のヴィオレッタのアリアを隅から隅まで弾き、たまに重唱やジェルモンのアリアも弾き、トロヴァトーレにいきーの、超難しいアンドレア・シェニエと格闘しーの、リゴレットを弾き、全く知らない初期オペラ・群盗を弾き、本番では仮面舞踏会。うわあ、、書き出してみると2、3曲除いて本当にヴェルディばっかり。コレペティじゃないのにね。

a0224279_13205193.jpg


そして、うまくスケジュールが空いたので新国でアイーダの公開GPを見せてもらいました。
念願の豪華絢爛で完璧なスペクタクルで有名なフランコ・ゼッフィレッリ演出。
衣装も今まで観てきたアイーダとは別格。目の前に本物と見間違うほど精巧なエジプトの王宮が拡がってキャストやオケのモチベーションもリハと思えぬほど上がっているのが伝わる。馬までステージを疾走する凱旋のシーンは涙でました。。これは本当に、死ぬまでに観ることができて良かった。
そしてアイーダ役のラトニア・ムーアの圧倒的な声が劇場を突き抜ける。
声量だけじゃない。弱い音でも美しく立体的な色彩感。
ラダメス役が本調子でなかったこともあって圧倒的な存在感を放っていました。


華麗にヴェルディウィーク終焉したところで、月末のソロCDのレコーディングに向けて新しい一週間、気持ち切り替えていきたいと思います。



【番外編】タイトルにも書いたわりにどーでもいい話で恐縮ですが、最近、劇団四季のリトルマーメイドの開幕が楽しみすぎてyoutubeで色々みてたらロシア語バージョンのリトルマーメイドを発見。まずはお聴きください。アリエルよりもセバスチャンのunder the seaに注目してください。



どうですか?私にはどうしても♪under the seaが♪not to be gayに聞こえるのですがー(笑)
かなり繰り返されるし(題名だしね)大サビでahhhhhhh!not to be gay!ときて笑い転げてしまいました。ちょうどロシア人が身近にいたので彼に聞いてみたところ無表情で「そんなこと全然言ってないし」とつれなく切り返されて終わりでしたー(T_T)笑 


そんなわけで(どんなわけで?)ごきげんよう!
by minori557 | 2013-03-10 20:24 | art

世紀の歌姫ナタリー・デセイのルチア(コンサート形式)を聴きにサントリーホールへ。
オケはゲルギエフ×マリインスキー歌劇場。

普段はオペラは歌手を聴くよりも一作品として総合的に鑑賞する派なのですが
今回だけはいつ引退してもおかしくないデセイに焦点を絞りました。

コンサート形式で演出がつかないからか、元女優志望の歌姫のテンションも低め。
テンションは高くなくとも落ち着いていてトレインされたダイヤモンドボイス。
他のソリストの声は前方にしか響かないのにデセイの声だけはppでも360度蔓延する不思議。
例え80%の力しか出してこないにしても、こちらを泣かせてしまうすごいテクニックは一体。。
ダムラウやネトレプコじゃ絶対に出せない幽玄な雰囲気。
ルチアはこの人じゃなきゃだめなんですね。


そして今回、最大の見せ場「狂乱の場」はグラスハーモニカを使用。
昨年METの来日公演でダムラウがルチアを演じたときもグラスハーモニカ使用していて
どんなものか興味があって休憩中ピットを覗きに行ったのですが、どうやら今回のは様子が違う。
箱根ガラスの森で時々やっているコンサートで使っているようなものだったんです。
(手を水で湿らせて水の入ったグラスに触れて音を出すアナログ方式)
気になって色々調べてたら、まさにどんぴしゃな動画発見。



もともと、作曲したドニゼッティ自身も当初このシーンでグラスハープの音色を求めたのですが
諸処の事情により断念しフルートで代用。楽器の扱い難さから一時はグラスハーモニカの歴史が終わるかと思われたのですが、近年、機械式ではなく音楽専用の楽器としてのグラスに水を張って音程を調整するタイプのグラスハープに優れた名手がどんどん出現。
ちなみに昨夜の奏者のサシャ氏もそのうちのお一人。(↑の動画のお方ご本人です)
これはご自身で発明された楽器で、通常のものより大きな音が出せるとか。

なるほど、これがコンサート方式でないと実現できない理由のひとつだったのかも。
本当に素晴らしい2重唱でした。一期一会。感謝。
by minori557 | 2012-11-13 12:00 | art

前後しますが、新国立劇場のシーズンオープニングのピーターグライムズを初日に観劇しました。
オープニングにこの鬱々とした演目をもってきてしまう新国の気高さが好きです。
社会問題を扱うブリテンのオペラ、台詞があったりしてオペラよりミュージカルっぽいですが
ストーリーから間奏曲のひとつひとつまでが素晴らしく、抜かり無し。
時折スティーヴ・ライヒやビョークを彷彿させる音も。
タイトルロールのテノール歌手スチュアート・スケルトンさんは特に素晴らしくて
出演している友人に聞いたところMETに出演している方だそうです。不勉強なもので...
ピーターグライムズ、残り2公演です!是非!


初台に向かう前に年には一度の伊勢丹イタリア展をチェック。
(なんか去年もこの話題の日記を書いた気がする...)
目の前で摺り下ろしてくれるボッタルガ(からすみ)やバルサミコ酢
毎年恒例のパンチェッタ、初ものオリーブに買いだめ用の激安スカーリアさんのアンチョビフィレ
レモンピール入りのビスコッティ、ジョバンニ・ガッリの1粒700円以上もするマロングラッセ
むちゃくちゃ買いこみ、パンチェッタは新国まで友人のお土産に持っていきました。
差し入れはお菓子やお酒より、やっぱり肉ですよねーー笑

a0224279_14251380.jpg


これはイートインスペースで頂いたピッツァ。優勝モデル。
何かのピッツァコンクールで優勝したらしいです。←適当(笑)
美味しいですけどできれば催事場ではなく野外で頂きたかったですね。仕方ない。

a0224279_14282812.jpg


そして一緒に行った親友が突如くれたスフィンクス・ダック、通称アフィンクス。
アラブ・エクスプレス展のお土産だそうです。
むちゃくちゃかわいい!
by minori557 | 2012-10-10 21:53 | art

パティ・オースティン@billboard 行ってきました。
バックバンドが若手集団で個人的には物足りなかったけれど
ご本人はむっちゃカッコ良かった!

a0224279_21333998.jpg


パティさん、今年のグラミー賞で総ナメだったアデルに対して

「変な発声をしているから喉を痛めるのよ。オペラの勉強をおすすめするわ」

的な発言をしていたらしく、同行させていただいた方が

「だったらどんな歌い方なんだろうと思って。」


笑笑笑.....!


あの貫禄と余裕、ウィットに富んだアドリブと賢い喋り。
あの発声なら生涯現役、余裕でいけるでしょう。
完璧なステージをかぶりつきのテーブルで満喫させていただきました。

ビートルズのペニーレインなんて原曲よりかっこよかった。


明日を生きる活力をもらったかんじですねー。
この猛暑の中ホールをハシゴしてると移動だけで体力奪われてくので
貴重な貴重なオフ時間でした。



そうそう、地元のタリーズにいつの間にかピアノが...!!
これはゲリラ的に弾いてしまいたい。。。

a0224279_2124534.jpg

by minori557 | 2012-08-30 21:34 | art

七月大歌舞伎・千龝樂

a0224279_11102971.jpg


チケットがなかなかとれなく一度は諦めた7月大歌舞伎。

市川中車(香川照之さん)・團子ちゃん(香川さんご子息)のデビューに市川猿之助・猿翁の襲名が重なり、6月から2ヶ月間に渡るものすごい歴史的な公演の千穐楽という輝かしい瞬間に立ち会う幸運に恵まれました。
昼の部のヤマトタケルは見逃しましたが...(T_T)
好きな演目「黒塚」で4代目猿之助の舞を堪能。
黒塚はロシア舞踏や能の要素が散りばめられた古典の中では比較的新しめの演目で
3代に渡る猿之助のお家芸。猿之助だけが演じられる演目です。

a0224279_11381365.jpg


いやはや、、、、、、、猿之助さま。恋に落ちました、はい。
もともと亀ちゃん(←ファンからは元亀ちゃんと呼ばれてるらしい)の舞踊は素晴らしかったですが
今回の黒塚の老婆から鬼女に変貌する難しい役所、繊細で時には激しい表現力はハンパなし。
中腰で踊りつづけてどんどん重心を低くして、「仏倒れ」という見せ所(直立したまま前に倒れる技)では観客騒然となり場内にどよめきが。
これが初役とは思えない!人間の身体能力を超越した舞いを見ました。

そのうえ祐慶役に市川團十郎という襲名ならではの豪華版でしたから
こんな配役で次にいつお目にかかれるかわからない(最後だったかも?)
ここに立ち会えたことは貴重でしたね。


最後の楼門五三桐での海老蔵演じる石川五右衛門(絶景かな絶景かな、)も良かった。
それでも完全に猿之助に惚れ込んでしまった7月大歌舞伎でした。
秒殺でした。。。
これから色々と追っかけてしまいそうです。
変なストーカーにならないよう気をつけます。笑


カーテンコールは6回、猿之助も登場、團子ちゃんもパパと手を繋いで登場。
團子ちゃん、口上ご立派でした!将来大物の予感です。
猿翁の投げキッスという最終日ならではの大サービスもあって場内はむちゃくちゃ沸き
猿之助はステージ上から写真をばしゃばしゃ撮りはじめ
つられて團子ちゃんも猿翁さまにカメラを向ける!!
大人が誰もできないことをやってのけちゃいましたねえ。
やんややんやの大盛り上がりを見せておりました。

無理してでも行ってよかった!
by minori557 | 2012-08-02 11:57 | art