2018秋の旅② (長文注意)

たくさんの誕生日のメッセージをいただきありがとうございました。
昔思い描いていた風景とはちょっと違いましたが、不安定な時期を乗り越えたら今をいちばん大事に生きるというスタンスがブレることがなくなりました。吐きそうに緊張するようなシーンをいくつも乗り越えてきていろんな感情を知りましたが、結局わかったことは「失敗したって死にはしない」という究極のものでした。どんどん図太くはなっていくのですが、それでも逆に今でしか表現できないこともたくさんあると思うので、まずは引き続きアンテナを張り巡らせて良い芸術に触れて吸収しつつ、自分なりの方法でアウトプットしていきたいなと思います。


そんなこんなで振り返ります。濃厚だった11月はまず平成中村座の観劇から。


a0224279_09240975.jpg

a0224279_09281983.jpg


あれはよく晴れた初日で。いつもにも増して大好きだった勘三郎さんを近くに感じました。おじいちゃまの遺伝子が強そうな長三郎くんも、舞台で寝落ちすることなく奮闘。いつだって歌舞伎は庶民の芸術だってことを思い出させてくれる小屋での観劇、臨場感も最高です。



元気をもらってビューンと北海道へ。1966カルテットで8年ぶりという札幌コンサートホールkitara公演は満席のお客様に迎えていただき、メンバーのテンションが上昇していくのをそれぞれが感じながら演奏できていたんじゃないかなと思います。公演後のサイン会ではものすごい数のCDがお嫁にゆきました。中島公園もちょうど紅葉でキラキラ!ありがとうございます札幌!夢のような時間でした。


a0224279_09343958.jpg


a0224279_10004314.jpg



翌日、釧路へびゅーんと移動。



a0224279_10043247.jpg


全曲クラシックという、カルテットでは珍しいプログラムでコーチャンフォー釧路文化ホール公演。こちらもほぼ満席。子供たちも多く、釧路市のクラシック文化への意識の高さが伺えました。新曲ばかりでしたが楽屋に届いた木彫りのカルテットちゃんに癒されつつ、ものすごい緊張感で走り抜けました。ありがとうございました♪


a0224279_10094008.jpg

a0224279_10103096.jpg


翌日、私だけ完全オフ日が出現したので旅続きによる運動不足解消も兼ねて釧路湿原へ。誰もいないトレッキングコースをもくもくと歩きながら北の大地の美味しい空気を吸ってきました。日が暮れるとトレッキングコースから市街地の夜景も見えるのですねえ。


a0224279_09590921.jpg


さよなら釧路。こんなに美味しい街をほかに知りません。。


a0224279_10225214.jpg



帰郷翌朝、母校である松前台小学校にて30周年記念式典にお呼びいただき、ソプラノ吉田真澄さんとフルート宇高杏那さんと出演。人気者の先生にネジ巻きのお手伝いをお願いして練り歩き演奏したオランピアのアリアが安定の大ウケ、嬉しいですね。自分の母校ですくすくと育つ後輩たちのピュアな反応に癒され、子供達から元気をもらったあたたかい時間でした。


a0224279_10405014.jpg


a0224279_10415570.jpg


そして先月に引き続き、弾き鉄しながら岩手へ。やることたくさんなのですぐに帰るつもりが、これまた快晴で紅葉も先月より進んでいたので、今回はバスに揺られて厳美渓へ寄り道しました。名物かっこう団子の映像はインスタグラムでご覧ください。


a0224279_10485912.jpeg


a0224279_10493454.jpg


ひとまず秋旅が終わり、東京ではいつも美味しいワインを紹介してくれるテノール市川浩平さんとキャビア×シャンパンのステキなパーティーで今年初のクリスマス気分を味わったり、1966カルテットの花井悠希さんとベルギー大使館で日本酒コンクールの受賞パーティーで演奏があったりと、東京の秋らしい日々を送っております。


a0224279_11142911.jpg


a0224279_11152612.jpg


a0224279_11135285.jpg


a0224279_11165807.jpg


そして、プレゼントしていただいた歌舞伎座桟敷席!!!歌舞伎が初めてというソプラノ中川郁文ちゃんをお連れして2人で大興奮(笑)。猿之助さんの古典はあまり観ることができないので、個人的には待ちに待った11月だったのでした。法界坊、猿之助さんの生まれ持った気品が汚らしい法界坊のキャラクターを絶妙に調和させていて夢にまで出てくる強烈な印象を残してくれました。そう、これだよ猿之助さま!1月も演舞場や浅草も良いけれど、やっぱり真っ先に歌舞伎座に行こうと心に決めたところです。私の聖地。



a0224279_11202237.jpg


というわけで、連日のお祝いありがとうございます。新しい1年もどうぞよろしくお願いいたします。たくさんの公演で弾き、たくさん歌舞伎座へ行けますように〜♪




a0224279_11374467.jpeg

# by minori557 | 2018-11-28 12:11 | travel

2018秋の旅①

11月も半ば!時の流れがはやすぎて身体がついていけていませんが、せんくらで止まってしまっていたこのブログ、ハワイから北海道ツアーまで2回に分けて駆け足で振り返りたいと思います。


まずはヴァイオリニスト小寺里枝ちゃんと白ヴァイオリンでハワイ旅。忙しいスケジュールでビーチでゆっくりする瞬間ももてませんでしたが、タイトなスケジュールのなか海に潜りマンタやウミガメに逢ってきました。

a0224279_12193875.jpeg

a0224279_12130375.jpeg

a0224279_12141761.jpg


帰国してからもしばらく海外のお客様向けの演奏が続いた10月です。音楽は国境を超えるのだ!この写真はドイツからの留学生たちの前でピアノソロでミニコンサートの時の模様です。

a0224279_12223425.jpg


ソプラノ侑子ちゃんとクローズド演奏。

a0224279_12244257.jpg


演奏のお仕事で降り立った甲州市は稀に見るよく晴れた日!ちょうどブドウの収穫祭のイベントで盛り上がっていたので、衝動的にレンタサイクルでぶどうの丘まで山登り。山梨でいただくシャインマスカットパフェはもはや説明不要の美味しさ!

a0224279_12280296.jpg


同じく演奏の仕事で訪れた岩手ではローカル線の旅を決行。大船度線です。紅葉の始まりかけた猊鼻渓で川下りしました。9月までの悪天候が嘘だったかのような最高に過ごしやすい季節、、動けるときになるべく動いておきたい。

a0224279_12335515.jpg

a0224279_12374339.jpeg


そして1966カルテットで足立区役所ロビーコンサートに出演&TV取材。平日昼間でしたがたくさんの方々にお集まりいただきました。来年1/12にギャラクシティ西新井文化ホールで1966カルテットのコンサートがあります。日本でビートルズを売り出した仕掛け人であり、1966カルテットのエグゼクティブプロデューサーでもある高嶋社長によるプレトークやビートルズファン必見のお宝グッズ展示などもあります。ぜひお越しいただきたい。

a0224279_12391490.jpg

a0224279_12401344.jpg


そしてカルテットの新しい挑戦の場でもある渋谷リビングルームカフェにて、THE COLLECTORS加藤ひさしさんをお迎えしたライブもありました!UKの名作あんな曲やこんな曲も、加藤さんの色に染まってまた新たな魅力を発見です。またやりたいなあ。

a0224279_12521867.jpg

a0224279_12532128.jpg


31日は、待ちに待ったポール・マッカートニー様東京ドームに降臨!30数曲休みなく走り続ける76歳。あんなふうに年齢を重ねていけたらステキだなあ。10月は新作アルバムのエジプトステーションをBGMにジムで走っていたので、アルバムの中からもたくさん聴けて嬉しかった!

a0224279_12553239.jpg

と、ここまでが10月の記録。11月も早くもだいぶ濃いものになっているので、次回北海道ツアーのブログもまたすぐに書きますね。皆様も風邪に気をつけて年末まで走り抜けましょう!!

# by minori557 | 2018-11-14 13:34 | travel

せんくら2018

1966カルテットで仙台クラシックフェスティバルに出演。メンバーにとっては5年目、私にとっては初のせんくら。初のマイケルジャクソンプログラムとUKロックヒストリーの2公演、台風24号とともに全力疾走しました。


a0224279_13190608.jpg

1日目は日立システムズホールパフォーマンス広場にてマイケル。
会場のお花をスリラーのイメージで活けていただいていましたよ。衣装ともぴったり!


a0224279_13262995.jpg


2日目は太白区楽楽楽ホールにてブリティッシュロック特集。素敵なホールでした。


a0224279_14060260.jpg

a0224279_14081900.jpg


サイン会では「もう慣れましたか?」「これからよろしくお願いしますね」などカルテットのファンの方々から優しくお声がけいただき、せんくらに根付くカルテットの人気に身が引き締まる思いでした。本当にありがとうございます。。。

弾いて、聴いて、人気アーティストたちの良い音に包まれ、刺激的な環境に身を置けることもフェスならではですね。


a0224279_13563298.jpg


10月初日の朝、台風が去ったあとの厚い雲の層。


a0224279_13162025.jpg

新幹線に乗りっぱなしだった9月、車窓から太陽の光を見ることがほとんどなかったので、延泊になったおかげで最後の最後に太陽が顔を出してくれて嬉しかった。ありがとう仙台。また来ます。


# by minori557 | 2018-10-02 14:35 | concert report

フェス!

横浜赤レンガ倉庫で開催されたクラシックの祭典 STAND UP! CLASSIC FESTIVAL'18 (通称スタクラフェス)1966カルテットでサンデーブランチクラシックステージに出演しました。



a0224279_10101235.jpg


潮風、汽笛、海。夕焼けが消えるとまん丸なお月様。すべてが完璧に揃った最高の1日となりました。大好きが詰まった横浜で30分間めいっぱい密度の高いプログラム。


a0224279_10153956.jpeg

a0224279_10160479.jpg


ステージに上がるとき、隣のステージからはこうもりの「シャンパンの歌」やレミゼの「民衆の歌」が聴こえ、終演後はサン=サーンスのロンカプやTime to say Goodbyeが夜空に伸びていく最高の瞬間を味わうことができました。生の音楽って本当にいいですね。潮風を感じながらいい気分で帰宅。


a0224279_10173489.jpg


今年は悪天候が続いたことで、個人的にはじめての野外本番となったのでした。欧米で野外コンサートやオペラを観て過ごしてきた夏を振り返りながらいろんな想いがこみ上げてきて、夕暮れ時のヘイジュードでは涙が出そうになりました。



芸術の秋真っ只中、今週末は仙台クラシックフェスティバル(せんくら)に出演いたします。昨日、リハーサルに向かう途中に通りすがったデパートでふとこの服が視界に入ってきて衝動買いしたところです。。笑


a0224279_10191840.jpg


1966カルテットのUKロックのレパートリーにもなっているオアシスの名曲Don't look back in anger。昨年起こったマンチェスターの自爆テロ事件以降イギリス全土でアンセムとして大合唱されていますね。コールドプレイのクリスがアリアナの目の前で励ますように歌う姿が印象的でした。


29日と30日、仙台でみなさまにお会いできることを楽しみにしております!



# by minori557 | 2018-09-26 10:56 | concert report

千葉→福井→東京 今週末は横浜

あっっ!という間に9月も半ばですが、このところのたび重なる自然災害に胸を痛めています。そんななかで、9.11の時のように、いつも危機一髪とはいえ大きなトラブルに至らず1日のスケジュールをこなすことができています。もはや生きていることが奇跡ですね。一日をより大切に生きようと誓う夏の終わりでした。



少し遡りますが、8月最後の本番はsax瀬川香織ちゃんとデュオ。柏のPENNY LANEさん、なんと4年ぶりでした。ここでしかお会いできない地元の方やお世話になっている方々向けのアットホームなライブだったのですが、昔から来てくれている子供たちの成長を目の当たりにしてあらためて4年という時の流れにハッとするばかり。こうしてまた聴きたいと思って呼んでいただけることが本当にありがたいですね。


a0224279_12341364.jpg



a0224279_12390668.jpeg


打ち上げは後日、鉄板焼きみそのさんへ。昭和ノスタルジックな店内に包まれて醤油と大根おろしでいただく懐かしいお味。シンプルイズベストですねえ。すっかりお気に入りのお店になりました。



a0224279_13002092.jpg

9月に入って芸術の秋到来。しばらく1966カルテットの公演が続きます。

まずは福井県・パレア若狭にてビートルズ、マイケル、クイーンなどUKロックまで盛りだくさんでお届けしました。私が加入してからは初でしたがカルテットは2度目の福井公演だったので、客席には2度目というお客さまもちらほらと。音響設計が素晴らしく室内楽にピッタリで、建築マニアとしては全国お気に入りホールのひとつとして記憶に残る場所となりました。また戻ってこれたらいいなあ。

a0224279_13112448.jpg


a0224279_13220415.jpeg

弾丸ツアーだったので帰りの新幹線はこうなりましたよ。好きな食べ物はサバとウニと公言している私。(写ってませんがウニもゲット)日本海ばんざい!



そして15日は東京に戻って、ティアラこうとう「ずばり!!クラシック名曲コンサート」

a0224279_13251524.jpg


加羽沢美濃さんナビゲートによる豪華出演者が次々に登場する名曲プログラムは大盛況でした。こちらも1966カルテットでヴィヴァルディ四季より「秋」を演奏しました。出演者や客席に誕生日の人が多く、カーテンコールはサプライズバースディでで大盛り上がりに。我らがカルテットの花井ちゃんも本日誕生日だよってことで、HANAKOで朝パン日誌を連載中の花井先生のためにリーダーが探し回ったカンペキなブレッドケーキがこちら!

a0224279_13473901.jpg

蓋を開けると小さなサンドイッチが詰まっていてケータリングにもピッタリな逸品でした。はないちゃんおめでとう!



さて今週23日(日)は横浜赤レンガ倉庫で開催される野外クラシックフェス・STAND UP! CLASSIC FESTIVAL2018
無料エリアのSunday Brunch Classic STAGEで1966カルテット、17:15-17:45に出演です。





# by minori557 | 2018-09-17 18:18 | concert report

Piano/1966QUARTET 東京音大ピアノ演奏家コースを経てNYマネス音楽院修士修了。アンサンブル、声楽伴奏が主なフィールド。ソロ活動ではベートーヴェンのピアノ協奏曲全5曲をオーケストラ競演。


by minori557
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る